疲れと睡眠の関係

疲れと睡眠の関係について。日々の疲れに厳正に対処するためには、日々蓄積したいく疲れにそのつど対処していくことが重要になります。疲れにそのつど対処していく上で効果的な方法のひとつが睡眠です。睡眠はカラダのメンテナンス機能をになっているのと同時に、身体の疲れを清算する働きも担っています。睡眠をとったら疲れがとれるのはそのためですね。なので睡眠を十分にとること、睡眠の質を高めることによって、疲れを適切に対処できるというわけです。では睡眠の質を高めるとはどういうことなのでしょうか。

睡眠の質を高めよう

ただ睡眠をとっただけでは疲れを効果的に取り除くことはできません。よく寝たのに疲れが取れていないということが多々ありますよね。これは質のよい睡眠がとれていないため、睡眠本来の機能が発揮できていないためです。ではどのようにして睡眠の質を高めるのかといいますと、まずは睡眠の質を低下させる習慣を取り除くことが先決です。例えば寝るまえのテレビやパソコン、スマートフォン、激しい運動、食事などです。睡眠直前にこれらを止めないと、睡眠の質は低下してしまいます。

睡眠の質を高める方法

では睡眠の質を高める方法について見ていきましょう。睡眠の質を高めるには、脳が副交感神経に切り替わるようにしてあげことが必要です。そのためには日中に十分な日光を浴びることで、セロトニン神経をたかめてあげます。こうすることで夜に睡眠ホルモンメラトニンが分泌され、脳が副交感神経に切り替わり、質の良い睡眠をとることができます。更に運動も習慣化させるとなおよしです。運動も脳内のセロトニンを分泌させるので、質の良い睡眠を手にすることができますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です